01

© ISHIUCHI Miyako 「ひろしま/hiroshima #71」

h. 154 cm × w. 100 cm

Courtesy of The artist and The Third Gallery Aya

新井卓、石内都、河口龍夫、高嶺格、東松照明、潘逸舟、山田周平

2016年11月26日 (土) - 2017年1月7日 (土)

オープニングレセプション: 11月26日 (土) 18:00 - 20:00

休廊日: 日曜、月曜、祝祭日、12/25 - 1/4


協力: AISHO MIURA ARTS, Misa Shin Gallery, PGI, SNOW Contemporary, The Third Gallery Aya

キュレーション: 島林秀行


URANOでは、2016年11月26日から2017年1月7日まで、核(原爆・原発)をテーマにしたグループ展<Unclear nuclear>を開催いたします。


本展では、コレクター・島林秀行氏のキュレーションのもと、新井卓、石内都、河口龍夫、高嶺格、東松照明、潘逸舟、山田周平の7名による作品を展示します。国際的な評価を得ている芸術家から20代の若手まで、異なる世代が参加し、写真、映像、平面、立体と形式もさまざまですが、いずれの作品においても核のテーマが通奏低音として響いています。日本は、広島、長崎、福島をはじめとする核の惨事を経験し、多くの作家がそれらに関わる作品を制作してきましたが、原爆から原発事故までを主題化した本格的なグループ展は、国内においてこれまで開かれていません。


本展は、1945年の広島・長崎における原爆、2011年の福島における原発事故以降の状況という、70年以上にわたる時間・空間の隔たりをギャラリーのスペースに交錯させ、併置させるものであり、芸術を通して核や戦後日本の歴史と対峙させる試みとも言えます。優れた芸術家による世代を超えた感覚と思考が空間に響き合うにとどまらず、芸術と社会の関わりという観点からも重要な展示となることでしょう。


プレスリリース