高嶺 格

  • 「ジャパン・シンドローム ~ 山口編 / 関西編 / 水戸編 / ベルリン編」

    2011 - 2013 年 / Full HD ビデオ
  • 「福島エスペラント」

    2012年 / ミクストメディア・インスタレーション / Courtesy: the artist and ARATANIURANO, Tokyo
  • 「高嶺格のクールジャパン」

    2012年 / 水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景 / 撮影: 細川葉子, 写真提供: 水戸芸術館現代美術センター
  • 「高嶺格のクールジャパン」

    2012年 / 水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景 / 撮影: 細川葉子, 写真提供: 水戸芸術館現代美術センター
  • 「高嶺格のクールジャパン」

    2012年 / 水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景 / 撮影: 細川葉子, 写真提供: 水戸芸術館現代美術センター
  • 「高嶺格のクールジャパン」

    2012年 / 水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景 / 撮影: 細川葉子, 写真提供: 水戸芸術館現代美術センター
  • 「ゴッド・ブレス・アメリカ」

    2002年 / Full HD アニメーション (Blu-ray R), 8’45”
1968年
鹿児島県生まれ
1991年
京都市立芸術大学工学科漆工専攻卒業
1999年
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー (IAMAS) 卒業

主な個展

2014年
  • 「てさぐる」/ 秋田公立美術館, 秋田
  • 「Japan Syndrome」/ Hebbel am Ufer, ベルリン, ドイツ
2013年
  • 「Japan Syndrome - Utrecht Version」/ Casco, ユトレヒト, オランダ
2012年
  • 「高嶺格のクールジャパン」/ 水戸芸術館現代美術ギャラリー, 茨城
  • 「ジャパン・シンドローム 〜 山口編」/ 山口情報芸術センター, 山口
2011年
  • 「とおくてよくみえない」/ 横浜美術館, 神奈川/広島市現代美術館, 広島/霧島アートの森, 鹿児島/IKON Gallery, バーミンガム, UK
  • 「ジャパン・シンドローム step 1 球の裏側」/ 京都芸術センター, 京都
  • 「スーパーキャパシターズ」/ アートフェア東京, 東京
2010年
  • 「Good House, Nice Body 〜 いい家・よい体」/ 金沢21世紀美術館, 石川
  • 「FOCUS 3 高嶺格: SUPERCAPACITORS / スーパーキャパシターズ」/ 丸亀猪熊弦一郎美術館, 香川
2008年
  • 「大きな休息 明日のためのガーデニング1095㎡」/ せんだいメディアテーク, 宮城
  • 「The SUPERCAPACITOR/スーパーキャパシタ」/ ARATANIURANO, 東京
2007年
  • 「Baby Insa-dong」/ AD & A gallery, 大阪
2006年
  • 「For Yingarna」/ Gertrude Contemporary Art Space, メルボルン, オーストラリア
2005年
  • 「おさらい」/ 高橋コレクション, 東京
2003年
  • 「在日の恋人」/ NPO 丹波マンガン記念館内坑道跡, 京都
2001年
  • 「Do what you want if you want as you want」/ 児玉画廊, 大阪
2000年
  • 「冬の海」/ CAI 現代芸術研究所, 北海道
1999年
  • 「Muted Space」/ ヴォイスギャラリー, 京都
1992年
  • 「高嶺格の愛の資料館」/ ヴォイスギャラリー, 京都

主なグループ展

2016年
  • 「ふぞろいなハーモニー」/ 広島市現代美術館, 広島
  • 「Sight and Sounds: Japan」/ ジューイッシュ・ミュージアム, ニューヨーク, 米国
2015年
  • 「明日の拷問」/ ココラボラトリー, 秋田
  • 「ヒア・アンド・ナウ」/ ARATANIURANO, 東京
  • 「PARASOPHIA 京都国際現代芸術祭 2015」/ 京都市美術館, 京都府京都文化博物館, 京都
  • 「横浜美術館コレクション展 2015年度 第1期 身体からかんがえる コレクションにみる身体表現 - 現代美術を中心に」/ 横浜美術館, 神奈川
  • 「We can make another future: Japanese art after 1989」/ Gallery of Modern Art (GOMA), ブリスベン, クイーンズランド, オーストラリア
  • 「Discordant Harmony」/ Art Sonje Cente, ソウル, 韓国
2014年
  • 「Still Moving: A Triple Bill on the Image」/ The Singapore Art Museum, Singapore
  • 「コレクション・ギャラリー 2014 (平成26) 年度 第2回展示」/ 京都国立近代美術館, 京都
  • 「My Voice Would Reach You」/ Rice Media Center, Rice University, ヒューストン, 米国
  • 「Politics of Food」/ Delfina Foundation, ロンドン, イギリス
2013年
  • 「堂島リバービエンナーレ 2013 - Little Water」/ 堂島リバーフォーラム, 大阪
  • 「Unknown Forces - Gestures beyond Surfaces」/ MSGSÜ Tophane-i Amire Culture and Arts Center, イスタンブール, トルコ
  • 「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013」/ 京都芸術センター ギャラリー北, 京都
  • 「白金アートコンプレックス5周年合同展覧会 メメント・モリ 〜 愛と死を見つめて 〜」/ ARATANIURANO, 東京
  • 「新しい物語のはじまり」/ 都城市立美術館, 宮崎
  • 「Re:Quest-1970年代以降の日本現代美術」/ ソウル大学校美術館, ソウル, 韓国
2012年
  • 「アノニマス・ライフ 名を明かさない生命」/ NTT インターコミュニケーション・センター (ICC)
  • 「釜山ビエンナーレ 2012 Garden of Learning」/ 釜山市立美術館, 韓国
  • 「第7回 アジア・パシフィック・トリエンナーレ (APT7)」/ クイーンズランド州立美術館, ブリスベン, オーストラリア
  • 「ダブル・ヴィジョン - 日本現代美術展」/ モスクワ市近代美術館, ロシア/ハイファ美術館群, イスラエル
  • 「第4回 恵比寿映像祭 映像のフィジカル」/ 東京都写真美術館, 東京
2011年
  • 「癮行者 - 宮津大輔: 一位工薪族的當代藝術收藏展」/ MOCA Taipei/台北當代藝術館, 台北, 台湾
2010年
  • 「あいちトリエンナーレ 2010」/ 七ツ寺共同スタジオ, 名古屋, 愛知
  • 「反応連鎖 - ツナガルシクミ」/ 国際芸術センター青森, 青森
  • 「Life with Art」/ 京都精華大学ギャラリーフロール, 京都
  • 「ネオテニー・ジャパン - 高橋コレクション」/ 愛媛県美術館, 愛媛
  • 「マイ・フェイバリット - とある美術の検索目録/所蔵作品から」/ 京都国立近代美術館, 京都
  • 「六本木クロッシング 2010展: 芸術は可能か?」/ 森美術館, 六本木, 東京
  • 「小泉八雲生誕160年記念・来日120年記念 へるんさんの秘めごと」/ 熊本市現代美術館, 熊本
  • 「まばゆい、がらんどう」/ 東京藝術大学大学美術館, 東京
2009年
  • 「TWIST and SHOUT: Contemporary Art from Japan」/ バンコク芸術文化センター, バンコク, タイ
  • 「I BELIEVE - 日本の現代美術」/ 富山県立近代美術館, 富山
  • 「ネオテニー・ジャパン - 高橋コレクション」/ 上野の森美術館, 東京/新潟県立近代美術館, 新潟/秋田県立近代美術館, 秋田/米子市立美術館, 鳥取
  • 「近代の東アジアイメージ - 日本近代美術はアジアをどう描いてきたか」/ 豊田市美術館, 愛知
  • 「The Demon of Comparisons」(企画: Electric Palm Tree) / ステデリック・ミュージアム・ビュロー, アムステルダム, オランダ
2008年
  • 「大友良英/ENSEMBLES - orchestras」/ 山口情報芸術センター, 山口
  • 「ネオテニー・ジャパン - 高橋コレクション」/ 霧島アートの森, 鹿児島/札幌芸術の森美術館, 北海道
  • 「茂木健一郎・はな・角田光代・荒木経惟 4人が創る『わたしの美術館』展」/ 横浜美術館, 神奈川
  • 「わたしいまめまいしたわ - 現代美術にみる自己と他者」/ 東京国立近代美術館, 東京
2007年
  • 「美麗新世界: 当代日本視覚文化」/ 広東美術館, 広州, 中国
  • 「Tomorrow」/ Kumho Museum, ソウル, 韓国
  • 「Déjame fluir」/ Espai zer01, スペイン
  • 「ART LAN@ASIA - アジアの新現代美術」/ ZAIM, 神奈川
  • 「水の情景 - モネ、大観から現代まで」/ 横浜美術館, 神奈川
  • 「Out of the Ordinary: New Video from Japan」/ ゲティーセンター & ロサンゼルス現代美術館 (MOCA), ロサンゼルス, 米国
  • 開館25周年特別企画展メッセージ 2007「南九州の現代作家たち」/ 都城市立美術館, 宮崎
2006年
  • 「IMAGINARY CHUYA/映像としての中也のことば」/ 山口情報芸術センター, 山口
  • 「Rapt! 20 Contemporary Artists from Japan」/ ガートルード・コンテンポラリー・アート・スペース, メルボルン, オーストラリア
  • 「Aestetics/Dietetics」/ ベルガモ近現代美術館 (GAMEC), ベルガモ, イタリア
  • 「12時間美術館」/ パナソニックセンター, 有明, 東京
  • 「SOURCE OF LIFE はじまりの水 - IAMAS in yokohama」/ BankART Studio NYK, 神奈川
2005年
  • 「横浜トリエンナーレ 2005」/ 山下ふ頭, 神奈川
  • 「身体の夢 Visions of the Body 2005」/ ソウル市立美術館本館1階企画展示会場, ソウル, 韓国
  • 「オープン・ネイチャー」/ NTT インターコミュニケーション・センター (ICC), 東京
  • 「きのうよりわくわくしてきた。ブリコラージュ・アート・ナウ 日常の冒険者たち」/ 国立民族学博物館特別展示館, 大阪
  • 「景観 - もとの島」/ せんだいメディアテーク, 宮城
2004年
  • 「取手アートプロジェクト 2004」/ 取手, 茨城
  • 「Past in Reverse: Contemporary Art of East Asia」/ サンディエゴ美術館, サンディエゴ, USA
  • 「IAMAS: Progressive Media Art Education from Japan」/ リンツ美術工芸大学, リンツ, オーストリア
  • 「釜山ビエンナーレ 2004 Contemporary Art Exhibition」/ 釜山, 韓国
  • NO-MA オープン記念企画展「私、あるいは私 〜 静かなる燃焼系 〜」/ ボーダレス・アートギャラリーNO-MA, 近江八幡市, 滋賀
  • 「想画集3」/ ヴォイスギャラリ—, 京都
  • 「Mediarena: Contemporary Art from Japan」/ ゴベット・ブリュースター美術館, ニュープリマス, ニュージーランド
  • 「六本木クロッシング」/ 森美術館, 六本木, 東京
  • 「Living Together is Easy」/ 水戸芸術館現代美術ギャラリー, 水戸, 茨城/ヴィクトリア州立美術館, メルボルン, オーストラリア
2003年
  • 「京都ビエンナーレ 2003」/ 京都芸術センター, 京都
  • 「Everyday - Contemporary art from Japan, China, Korea, Thailand」/ Kunstforeningen, コペンハーゲン, デンマーク
  • 「Elephant Machine」/ IAMASギャラリー, 岐阜
  • 「第50回 ヴェネツィア・ビエンナーレ: 緊急地帯」/ アルセナーレ, ヴェネチア, イタリア
  • 「九州力」/ 熊本市現代美術館, 熊本
2002年
  • 「現代美術への視点: 連続と侵犯」/ 東京国立近代美術館/国立国際美術館, 大阪
  • 「三番瀬アートフェス2002」/ 船橋市民ギャラリー, 千葉
  • 「第3回 国際共同美術展シティビデオインスタレーション秋葉原TV」/ 秋葉原電気街, 東京
2001年
  • 「ファクツ・オブ・ライフ: 日本の現代美術」/ ヘイワードギャラリー, ロンドン, UK
  • 「Stay with Art」/ Hotel T'point, 大阪
  • 「EXIT」/ メゾン・デザール・ド・クレテイユ, パリ, フランス
2000年
  • 「Confessions of a Voyeur」/ イスタンブール, トルコ
  • 「Figurative Sense」/ 京都芸術センター, 京都
1999年
  • 「現代」/ グレン・アイラ・シティギャラリー, グレン・アイラ, オーストラリア
  • 「芸術祭典・京: スキンダイブ」/ 旧龍池小学校, 京都
  • 「メディア・シティ」/ アートサイト, ウィンザー, カナダ
1998年
  • 「どないやねん!」/ パリ国立高等美術学校, パリ, フランス
  • 「そそりゆく音楽」/ 岐阜県上石津町日本昭和音楽村, 岐阜
1996年
  • 「パイロット・ファーム」/ アートスペース虹, 京都
1994年
  • 「12 functions」/ ギャラリーマロニエ, 京都
  • 「大アート展」/ ラフォーレ原宿, 東京
1993年
  • 「ワンダフル・ライフ」/ 横浜ガレリア, 神奈川
1991年
  • 「YKK」/ 大阪現代美術センター, 大阪
1988年
  • 「12月の卓上」/ ヴォイスギャラリー, 京都

主なパフォーマンス

2016年
  • 「ライブ・パフォーマンスとしての映像1」/ 東京都庭園美術館 新館 ギャラリー2, 東京
2014年
  • 「ジャパン・シンドローム 〜 step 3 “球の外側”」/ 元・立誠小学校 職員室, 京都
2013年
  • 「ジャパン・シンドローム 〜 ベルリン編」/ 京都市役所前広場, 京都
2012年
  • 「高嶺格 ジャパン・シンドローム 〜 step 2 球の内側」/ 京都芸術センター, 京都
2011年
  • 「いかに考えないか?」/ 山口情報芸術センター, 山口/クイアザグレブ, クロアチア
  • 「Melody Cup」/ アイホール, 兵庫/横浜赤レンガ倉庫1号館, 神奈川
  • 「ジャパン・シンドローム 〜 関西編」/ 京都芸術センター, 京都
2010年
  • 「Melody Cup」/ パトラバディシアター, バンコク, タイ
2009年
  • 「Melody Cup」/ アイホール, 兵庫
  • 「美しい前歯」/ 京都造形芸術大学・スタジオ21
2007年
  • 「リバーシブルだよ、人生は。」/ アイホール, 兵庫
  • 「オニキス・ドリームス」/ スーパーデラックス, 東京
2006年
  • 「アロマロア エロゲロエ」/ アイホール, 兵庫
  • 「木村さん」/ クイアザグレブ, ザグレブ, クロアチア
2005年
  • 「もっとダーウィン」/ アイホール, 兵庫
2002年
  • 「木村さん」/ アイコン・ギャラリー, バーミンガム, イギリス
2001年
  • 「木村さん」/ アートリンクカフェ, SCAI THE BATHHOUSE, 東京
1999年
  • 「K.I.T」/ デジタルバウハウス, NTTインターコミュニケーションセンター (ICC), 東京
1998年
  • 「オニキス・ドリームス」/ セイディ・ブロンフマン芸術センター (現: シーガル舞台芸術センター), モントリオール, カナダ
  • 「母太鼓ちんと計算プン」/ 岐阜県上石津町日本昭和音楽村, 岐阜
  • 「Performance in Hiroshima」/ 広島市現代美術館, 広島
  • 「木村さん」/ 国際情報科学芸術アカデミー (IAMAS), 岐阜
  • 「リアルタイムチャット」/ 国際情報科学芸術アカデミー (IAMAS), 岐阜
1997年
  • 「7 virtues」/ 国際情報科学芸術アカデミー (IAMAS), 岐阜
1996年
  • 「第5回 メキシコパフォーマンスフェスティバル」/ エクステレサ, メキシコシティ, メキシコ
  • 「What can I do for you?」/ 京都大学西部講堂, 京都
1994年
  • 「キャバレー・ミニマリスト」/ P3, 東京
1993年
  • 「あごの無い人」/ 第2回ソニーミュージック・アート・アーティスト・オーディション
  • 「テレ・オナルシス」/ ヴォイスギャラリー, 京都
1991年
  • 「糸に巻かれる人」/ ヴォイスギャラリー, 京都

主なパフォーマンス共同作品

2015年
  • 岡田利規作・演出「God Bless Baseball」舞台美術として参加、あうるすぽっと、東京 / アジアンアーツシアター, 光州, 韓国
2011年
  • Seven Angels by the Opera Group に舞台美術と衣装のデザイナーとして参加、ロイヤルオペラハウス (ロンドン) 他、イギリス7都市
2007年
  • 寺田みさこ振付・出演「愛音」の舞台美術制作、世田谷シアタートラム、東京/びわ湖ホール, 滋賀
2004年
  • 金森穣振付「Black ice」の舞台映像・美術制作、新潟りゅーとぴあを皮切りに国内8都市で公演
2002年
  • ムイ・チェクイン振付「Duet 3X」(香港) の舞台映像制作
  • ダニエル・イン振付「PLAYBOYS」(香港) にプランナー、パフォーマーとして参加
2001年
  • 金森穣振付「Me/mento 4 am'ne'siac」(ネザーランド・ダンス・シアター II) の舞台映像制作
2000年
  • オハッド・ナハリン振付「ナハリンズ・ウィルス」(バットシェバ・ダンス・カンパニー) にプランナーとして参加
1999年
  • 弦楽二重奏「Consilience」(フィリップ・ボダン作曲) の舞台映像制作、バンフセンター, カナダ
1997年
  • ダムタイプによるパフォーマンス「OR」に参加、 フランス
1994年
  • ダムタイプによるパフォーマンス「pH」に参加、フランス/カナダ
1993年 - 1996年
  • ダムタイプによるパフォーマンス「S/N」に参加
    オーストラリアのアデレード・フェスティバルを皮切りに24都市15カ国で公演
1993年
  • 「生存権と開発権」(砂山典子、薮内美佐子との共同プロジェクト)、アートスペース無門館
1992年
  • 「僕のコーダイさんをティン! とさせてくれ」(中原浩大、西松鉱二、砂山典子との共同プロジェクト), 名古屋市美術館, 愛知
1990年 - 1993年
  • 「地域さん」(西松鉱二とのノイズユニット), ライブ多数

コレクション

  • 東京国立近代美術館, 東京
  • 熊本市現代美術館, 熊本
  • 京都国立近代美術館, 京都
  • 横浜美術館, 神奈川
  • 金沢21世紀美術館, 石川
  • 豊田市美術館, 愛知
  • 広島市現代美術館, 広島
  • サムソ, ソウル, 韓国
  • 高橋コレクション

News

  • The Japan Media Arts Festival Special Exhibition in Singapore

    Landscapes: New vision through multiple windows

    2017年2月3日 - 18日

    Japan Creative Centre (JCC)、在シンガポール日本大使館、シンガポール


    <アーティストトーク>

    Landscape from unstable window

    高嶺格 × exonemo

    2017年2月4日 (土) 15:00 - 16:30

    more

  • 韓国・台湾・日本・中国の4人のキュレーターの共同作業で実現した4カ国を巡回する展覧会に参加いたします。


    「Discordant Harmony」

    2016年7月22日 - 2016年9月18日

    關渡美術館, 台北, 台湾

    more

  • 「兄弟: 高嶺格個展」

    2016年7月16日 - 9月11日

    TKG+ Projects, 台北, 台湾

    more