Upcoming Exhibition

共同体について

出展者: 松浦寿夫、フナイタケヒコ、安藤裕美、梅津庸一、ユ、六萠、大野陽生、渋家分離派

企画: 梅津庸一

2018年4月21日 - 5月26日

オープニングレセプション: 4月21日 (土) 18:00 - 20:00



<シンポジウム>

「共同体について」

5月12日 (土) 17:00 - 20:00

登壇者: 松浦寿夫、梅津庸一、ほか

会場: URANO、東京


陽春の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。この度、URANO では、4月21日から5月26日まで梅津庸一キュレーション展「共同体について」を開催いたします。


梅津庸一 (1982年山形県生まれ) は、ラファエル・コランや黒田清輝、フェルディナント・ホドラーやポール・ゴーギャンなどの近代絵画に自らを代入した自画像などを通して、近代美術史とその末尾に位置する自分自身の関係を探求し続けています。2014年からは私塾「パープルーム予備校」を立ち上げ、美術と教育、共同体の在り方について実践を通して批評考察を深めてきました。また、今年3月に開催された Art Basel Hong Kong 2018 では、複数の様々な歴史の断片を召喚し、考察、検証するためのラボをイメージした空間を展開し、注目を集めました。今回のグループ展ではその活動の一環として、幅広い年代の作家とそれぞれが引き連れてくる文脈、つまりはすでにこの世にいない過去の人物・事象をも巻き込んだ、多次元的な共同体の提案を行います。


共同体について

梅津庸一


わたしたちは散り散りに世界にいるわけではなくて、果物で言えば葡萄の房のようにコミュニティをつくり暮らしている。国家、街、学校、会社、SNS、家族、、、など大小さまざまな集団に幾重にも属している。


もちろん、美術/アートも例外ではなくそれ全体がひとつの共同体とも言える。その中にたくさんの集団がひしめき合っている。その大半は潜在的な共同体であり意識的に生まれたわけではない。例えば、パープルームは民家を学校として半共同生活を営むいわば疑似家族のような美術家集団であり、渋家は2008年に渋谷に誕生した大人数のシェアハウスである。19世紀末フランスのパリで活動したナビ派はポール・ランソンの家を「神殿」と呼びボナールやドニをはじめとする作家たちが集う秘密結社的な場であった。他にも印象派、フォーヴ、ダダ、実験工房、具体、もの派、美共闘など枚挙にいとまがない。これらは意識的に生まれた共同体であり、いつの時代もすでにあるインフラや環境と個の間の緩衝材、スペースとして表現の発生と深く関わってきた。


グループ展という形式は期間限定の集合体である。通常、グループ展とは友人同士であったり、主義主張を同じくする者たちによって組織されることが多い。しかし本展はそういう趣旨で開催されるわけではない。だからと言って、なんとなく集められたわけでも、表現の多様性を示したいわけでもない。それぞれの出展者たちが拠って立つ文脈や引き連れてくるものたちが絡み合ったり断絶したりすることによって現れる切断面にどのような融和や不和が認められるのだろうか。そして一番重要なのは、いまここにはいない他者、とりわけ死者や亡霊たちと天体的関係を結ぶことである。本展では実際に出展作家と死者たちのつながりがわかりやすく図解されているわけではない。美術に於ける共同体は作家同士の連帯のみを指すのではなく異なる幾つかのものを紐づける鑑賞者の眼がつくるものでもある。そして、それは作家という固有名の仕切りをも解体し横断するだろう。


<出展者>


- 松浦寿夫 (1954年東京都生まれ)

画家でありフランスの美術史の専門家でもある。一貫して絵画の光学的な側面や絵画空間の持つ厚みについて正面から取り組み続けている。本展ではシンポジウムにも参加する。


- フナイタケヒコ (1942年鳥取県生まれ)

60年代後半から鳥取で「スペースプラン」という前衛美術家集団に所属し活動していた。現在も鳥取で精力的に画家として活動している。独自のフォーマリスム絵画のシリーズを展開し美術史の複数性を体現している。


- 安藤裕美 (1994年東京都生まれ)

パープルーム予備校一期生。19世紀末のフランスの前衛絵画集団ナビ派に深く傾倒している。本展ではパープルームの日常をナビ派に重ねあわせて描いたアニメーション作品を出展。


- 梅津庸一 (1982年山形県生まれ)

美術家、パープルーム主宰。本展では梅津が高尾山で行ったパフォーマンスの映像作品と、ゴーギャンの『マナオ・トゥパパウ (死霊が見ている)』を下敷きにパープルーム予備校生の安藤裕美を描いた作品などを出展する。本展の企画者。


- ユ、六萠 (1992年広島県生まれ)

京都に住む19歳の学生。ネットを通じて多くの人が共有するキャラクター絵画などの文法を踏襲している。たとえば帝国水素やク渦群などのキャラクター絵画第三世代をベースにそれをドロドロのペースト状にしたような作品。何周もまわって作品のビジュアルは50年代の抽象表現主義に接近している。


- 大野陽生 (1992年埼玉県生まれ)

大谷石、粉末パテ、木材でつくられるヒト型の彫刻は、近代よりももっと前の感受性とつながっているようである。


- 渋家分離派 (2018年発足)

渋家は2008年に齋藤恵汰によって生み出された大人数によるシェアハウスであり、上妻世海や〈Maltine Records〉を主宰する tomad など様々な人々が関わってきた。そんな渋家で活動する若者がパープルームが開催した「ゲルゲル祭」という民家で行われた展覧会を訪れたことをきっかけに結成した、渋家の派生ユニット。

  • 梅津 庸一、高尾山にジャムを塗る、セカンドオピニオン

    2018年 / ビデオ / 4min 27sec / © Yoichi Umetsu, Courtesy of URANO, Tokyo
  • 松浦寿夫、同じ、異なった葉

    2018年 / h.72.5 × w.181.5 cm / 綿布、紙、アクリル、パステル
  • フナイタケヒコ、スペースプラン 5回展 展示風景

    1970年 / 鳥取
  • 安藤裕美、パープルームの日常

    2017年 / アニメーション
  • ユ、六萠、ベビーチーズ

    2018年 / 板に油彩
  • 大野陽生、静物Ⅳ

    2017年
  • 渋家分離派

    2018年

高橋大輔

眠る絵画

2018年4月21日 - 5月19日

オープニングレセプション: 4月21日 (土) 18:00 - 20:00

会場: Viewing Space、URANO、東京


陽春の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。この度 URANO では、隣接する Viewing space におきまして、4月21日から5月19日まで高橋大輔個展「眠る絵画」を開催いたします。


高橋大輔 (1980年埼玉県生まれ) は、東京造形大学を卒業後、埼玉にアトリエを構え制作を行っています。これまで、立体作品と見紛うほどに厚塗りされた油絵の具による抽象絵画で注目を集め、「NEW VISION SAITAMA 5 迫り出す身体」(2016年、埼玉県立近代美術館)、「ペインティングの現在 - 4人の平面作品から -」(2015年、川越市立美術館)、「絵画のありか」(2014年、東京オペラシティアートギャラリー) など、各地の美術館での展覧会に参加しています。今回初となる URANO Viewing space での個展では、高橋が「夜の絵画」と呼ぶこれまでの作品とはまた違った「昼の絵画」、またそれらの中間である「眠る絵画」を中心とした新作約15点を展示いたします。これまで地球上に存在してきた全てのペインターへのリスペクトを、朴訥とも言えるひたむきさでキャンバスにたたきつけた、生命力溢れる作品の数々をぜひご高覧ください。


「眠る絵画」

高橋大輔


2016年のある時期から、「眠る絵画」というシリーズの絵を描き始めた。透過する膜の向こうにイメージが遠ざかっていくような、あるようでいて、ないかのような。絵画自体が瞼を閉じているような。人は眠りについたとき、荒唐無稽な夢を見る。そういう荒唐無稽を掴んで、固定化しているのではないかと思えるほど、自分にとっての絵画は、矛盾や混乱をそのプロセスに孕んでいる。それは非合理的で把握しきれないものだった。そういった困難の中で、かろうじてなにかを掴んだら、筆を置き、絵を乾かし、見えないところに置き、眠らせておく。



「高橋大輔展に寄せて」

藪前知子


一口に「絵画を描く」といっても、そこには無数の選択があり、全く異なる組成のプロセスがある。たとえば、エスキースを重ねてモチーフを定め、それをカンヴァスに転写し、定着させるプロセスを経た絵画と、高橋大輔の絵画は、全く異なる時系列を内包している。前者が構想から完成までのリニアな時間軸の中にあるとすれば、高橋の絵画は、そのような既存の時間軸に抗うものだ。一筆ごとに形を変え、どこで終わるかも定まらない。タッチ一つ一つが時間を作る。高橋の絵画は、それらが置かれた時間を物質化したものだと言ってみたい。


高橋大輔は、基底面のカンヴァスの形すらもわからなくなるほど、油絵具を厚塗りさせた絵画で注目を集めた画家である。しかしある時点から、画面をえぐり、重なって見えなくなっている下層を露出させる展開が起こる。堆積されていく時間がリニアで硬直したものになってしまっていくことへの無意識の恐れが生じたのだろうか。同時に彼は、夜の時間に制作するという、それまでの習慣をやめる。自己の世界に深く潜っていく夜特有の時間の中で、絵を描くという営みが、人生の経験や記憶と関わりを持ちすぎてしまうことを危惧したという。


その辺りから、彼の一筆は、過去から切り離され、それが置かれた瞬間の時間を宿したものに変化したのだと想像する。膨大な選択肢を前にした、彼の終わらない格闘が始まった。何を選択し、定着させ、どこで止めるべきなのか。全てが等価で恣意的な選択であることから逃れられないのではないか。その逡巡は彼に、膨大な数の作品を描かせた。80点にも及ぶ油彩作品に加えて、2年の間に描かれた930点に及ぶドローイングには、寄りかかるべき物語も対象物もないまま、素手で何かを捕まえようとする、困難を伴う試みの数々が刻印されている。今回の出品作の一つ、「眠る絵画」と題されたシリーズ作品には、全て画面の表面に薄く透明の膜が掛けられている。画家と絵画とのひとまずの折り合いとして、その一層が、絵画の組成の終わりをもたらしている。


今や高橋が対象にしているのは、特定のイメージや記憶ではなく、「絵画」という一つの総体である。絵画史を紐解き、何を描いても過去に描かれた誰かの絵画の記憶が去来するという状況の中で、なおかつ描くことを諦めずに描き続ける。描くことの選択の中に恣意性が現れることを回避しようとし、なおかつこれまで描かれたどの絵画でもないものを生み出すということは、自分でも他人でもない、未だ会ったことのない誰かを探し続けるような、気の遠くなるような営みである。しかし、彼のその道程自体が、全ての画家が多少なりとも共有する、「絵画とは何か」という問いの諸相を体現していると言えるのではないか。まずこのことを確認した上で、格闘の末に画家が何に出会い、選んだのかに向き合うこととしたい。

  • 高橋 大輔、32-62 眠る絵画

    2016-2017年 / キャンバスに油彩 / h.24.9 × 35.2cm / © Daisuke Takahashi, Courtesy of URANO, Tokyo
  • 高橋 大輔、93 color chart for M

    2017年 / パネルにマウントしたキャンバスに油彩 / h.55.3 × w.60.2 cm
  • 高橋 大輔、110 new village

    2018年 / パネルに油彩 / h.100.0 × w.100.0 cm
  • 高橋 大輔、89 Foreground of palette

    2017-2018年 / パネルにマウントしたキャンバスに油彩 / h.73.3 × w.117.5 cm
  • 高橋 大輔、100 curly

    2017年 / パネルにマウントしたキャンバスに油彩 / h.100.5 × w.100.5 cm